家庭で水道の修理が必要になるときとは

家庭で水道の修理が必要になるときとは 普段、蛇口をひねればいつも出てくる水を当たり前のように使っていますが、ひとたび断水になるととても困ります。災害などでライフラインが断絶すると最も困るのは飲料水、生活用水としての水が使えなくなることでしょう。水道管の工事などで屋外で水道 修理をしている現場に遭遇することがありますが、それとは別に、一般家庭で水道の修理が必要となることもあります。
水が出ないのも困りますが、逆に水が止まらないのも大変です。給水管から水を供給する過程でトラブルが起きるだけでなく、使用した排水が排水管から流れずにトラブルが生じることも少なくありません。特に、毎日使用するキッチンは水のトラブルが生じることで、何もできなくなってしまいます。

■シンクの下の水漏れ

キッチンの水漏れで最も困るのは、シンク下に水が漏れ出してしまうことではないでしょうか。シンク下は一般的に収納スペースとなっていて、普段は扉が閉まっています。料理に使うためにボウルやザルなどを取り出そうとして、初めて水漏れに気づくということもあるでしょう。キッチングッズだけならいいですが、小麦粉などの食材を入れていた場合は、全て破棄しなければならなくなります。
また、キッチンの床に漏れ出すのではなくそのままダイレクトに階下に水漏れしている場合は、知らない間にほかの住人に迷惑をかけているということにもなりかねません。シンク下の水漏れの場合は、排水管、蛇口、など故障箇所が複数考えられるため、原因を特定して対処する必要があります。

■給湯器にも起こる水トラブル
現在では、電気やガス、ソーラーなどさまざまなエネルギーを活用して給湯器を使用している家がほとんどではないでしょうか。キッチン、お風呂、洗面所などどこでも蛇口をひねるだけで温かいお湯が出るのは、冬の寒い時期にはとてもありがたいものです。しかし、水漏れや詰まり、そのほかの原因によってお湯が出なくなくなることがあります。
蛇口や給水管にトラブルがあって1箇所だけお湯が出ないという場合はまだましですが、大元となる給湯器にトラブルが生じるとどこも使えなくなり、不自由な生活を送ることになります。給湯器は、水道だけでなくガスや電気などとの関わりもあるため個人で修理をするのはとても危険です。

■水道 修理で多い蛇口のトラブル

一般家庭で起こる水回りのトラブルのなかでも、一番多いのが水道の蛇口に関係するものではないでしょうか。日に何回も開閉を繰り返すため、部品の消耗も激しい部分となります。また、給水管から配管された水道は分かれていても水の圧力は相当なものであり、常に蛇口で調整している状態がいつまでも正常に動作するとはいえません。
蛇口のトラブルは、原因が特定できて簡単な部品交換などで解決するのであれば個人で対応することもできますが、水の元栓を閉めてから作業をしなければならないなど面倒なことも多く、ひとつ間違って水が噴水のように噴き出してしまったら収拾がつかなくなることもあります。

■まとめ
家庭内の水のトラブルには、キッチンのシンク下の水漏れ、キッチンだけでなくお風呂や洗面所なども影響を受けることになる給湯器のトラブル、そして、水道の修理のなかでも最も発生する頻度が高い蛇口のトラブルなどがあります。築年数がかなり経過した古い家では、老朽化によってさまざまな不具合が生じることがありますが、水漏れや詰まりといった水道のトラブルは、比較的新しい家でも起こりうることです。
DIYを得意とする人は、ちょっとした家の修理でも自分で対応することができるでしょう。しかし、水漏れや詰まりといった水道の修理は、給水管や排水管、機器などとの関係もあるため、全てを自分で修理できるとは限りません。さまざまな水回りのトラブルが生じた際にはどのように対処すればいいのでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース